負け犬サラリーマンの日記

負け犬サラリーマンの日記

中小企業で働くサラリーマンの日記

DJ集団「レペゼン地球」が日経に出ていた件

今月、YouTubeの動画でやたらと人気の出ていた動画が「レペゼン地球DJ社長」の動画だ。「好きなことで、生きていく」というタイトルで、見た人も多いんじゃないかな。動画の内容は、DJ社長が中学・高校をどう過ごして、大学入学後に起業して、今に至るのかを赤裸々に語ったもの。動画は40分以上と長いのだが、内容が面白い上にキレの良い語り口で、飽きずに視聴できる内容となっている。それ以降、レペゼン地球の動画をチェックしては「テキーラ一気飲み」とか、なかなか面白い(そしてきわどい)動画で笑わせてもらったのだが、4月23日の日経MJ(流通新聞)で掲載されていたのを見つけてしまった。専門誌とはいえ、日経系列の流通新聞から取り上げられる程、人気のあるグループだったとは知らなかった。せっかくなので、ここでは、その記事の一部を紹介したい。

 

「レペゼン地球」がヤバすぎる、ナンセンス動画量産、ナゾのDJ集団、ナンパ・酒・借金…、クズ男ソング、女子どハマり。

 

レペゼン地球とは、福岡県出身のDJ社長(25)ほか3人のDJと、ドン・キホーテで売られている鳥のおもちゃ(にふんする男)で構成するグループ。結成は2015年。「レペゼン」はヒップホップの世界で「~を代表する」の意味だ。つまりは地球代表というわけ。

「レペゼン」とは「represent」の略なんですね。適当なロゴかと思っていたら、ちゃんと意味があったのか…。そして地球代表と。ちなみに、DJ社長の本名は木元駿之介だそうです。

 

主戦場は動画共有サイト「ユーチューブ」とツイッター。「だいたいメンバーの実体験を基にしてつくる」(DJ社長)という楽曲を1カ月に2~3曲、全てミュージックビデオ付きという驚異のペースで発表し続け、1曲当たり50万~100万再生を楽に稼ぐ。

1曲当たり50万~100万回再生って普通にすごいな。というか、彼らの動画を見たら、楽曲以外の動画(テキーラ一気飲みとか)も軽く100万回再生を超えているモノが多いので、そこらのUUUM(ウーム)所属とかのユーチューバーより遥かに影響力があるということが分かる。

 

再生回数が600万回を超え、人気とヘイトに火をつけた代表曲「YSP」はクラブで女性をナンパし一晩過ごした後、翌朝ポイ捨てする男の曲だ。「YSP」だともったいないと感じた男が、同じ女性ともう一晩過ごそうとする曲「okawari」もある。

「YSP」=「やりすてポイ」だそうです。ゲスですねぇ。同じ女性ともう一晩過ごそうとする曲「okawari」とか、ストレートすぎるだろwww

 


キャロプロジェクト☆彡 【レペゼン地球】2thシングル『YSP』

こんな曲ばかり入ったアルバムもアマゾンから発売されています。昔のアルバムもダウンロード可能なので、気になる方はチェックを。 

地球事変

地球事変

 

 

直接的な下ネタ表現もたびたび登場するが「オープンエロだから気にしない」(専門学校生の18歳女性)と、取材で訪れたライブ会場では歌詞を叫ぶ女性の声が響きわたっていた。

「オープンエロ」って新しいパワーワードだな。でもそれが受けて、女性人気がすごいみたいです。というか、ライブ動画を見る限り、会場は女性ばっかり。

 

クズっぷりが前面に出たクソ動画のマシンガン投稿を続けるうち、ついにツイッターやユーチューブを使いこなす10代にリーチしたらしい。友達経由であっという間に拡散。最近のツイッターへの投稿動画は1000万回再生されるものも。

若者に「見つかった」ということですね。1000万回再生はすごいと思ったら、DJ社長のフォロワーの数は、何と今日現在で88万9千人だった。この勢いだと100万人突破も近いのではないだろうか。自分で「鼻ニンニク」と言っているけれど、ただの鼻ニンニク野郎ではない。すげぇ…。

 

事務所には所属せず、自由にやるのが彼ら流。「あくまでDJ集団。ドーム公演を目指してますから」(DJ社長)と、ユーチューブには一切広告をつけない。月に数百万円にもなるであろう広告収入をあえて捨てる。

事務所に所属しないからこそ、過激な歌詞の音楽と色々際どい内容の動画を流すことが出来るのだろう。そして、YouTubeには広告を付けないということだが、自分たちの活動を広く知らしめるのが、YouTube本来の活用方法だと思うので、この方針は正しいと思う。ただ、DJ社長の本人談によると、過去の数々の失敗により結構な額の借金を背負っているそうなので、いずれ動画に広告を付けて当面の資金繰りを凌ぐという道も考えられるかもしれない。

 

「女には困らないけど貧乏ですよ。気にしてませんけど」(イケメン担当のDJふぉい)

もう如何にもヤ〇チン・・・って感じの発言だな。そして「イケメン担当」ってwww。この「DJふぉい」の他に、DJ銀太、DJまるといったメンバーがいる。

 

数十人しか集客できない頃から無謀にも全国ツアーを開き、今年ですでに3回目。着実に動員数を増やし、8月には2,400人以上入る「Zeppダイバーシティ東京」(東京・江東)でのライブ開催が決まった。

ライブ動画(↓)を見るに、彼らがもう既にかなりの人気を持った音楽グループということが分かる。メジャーになるまで、あと一歩なのではないだろうか。

 


【福岡事変】in神戸公演『レペゼン地球 ライブ』

 


「人生は一度。社会の歯車は他の人に任せて好きなことして生きていこうぜ」(DJ社長)