負け犬サラリーマンの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負け犬サラリーマンの日記

中小企業で働くサラリーマンの日記

生保レディーとの攻防の記録

お仕事

最近、困っていることがある。それは、某大手生命保険会社の生保レディーによる保険の勧誘である。昼休み、仕事終わり、社員が必ず通る通路で彼女らは我々を張っているのだ…。中でも、第一生命のおばさん、いや「お姉さん」からとても積極的に勧誘を受けており、今日はその会話の一部始終を紹介しておきたい。

 

ちなみに今日はお昼過ぎに捕まった。

ピンク色が第一生命の人の会話)

 

f:id:naruoe:20160920143440p:plain

 

「ちょっとお話聞いていただけないですかぁ。保険とか全般のお話をするだけですから  (*・∀・)ノ」

「いや、いいです」

  

「保険のお話をすることによって、私の勉強にもなるんですよ!」

「すいませんが興味ないです」(何でお前の勉強に付き合わねばならんのだ)

  

「じゃあ、資料だけでももらっていただけませんか!」

「いらないです」

  

…と冷たくあしらい続けていたら急に泣きそうな顔になって

 

「ぶっちゃけ、ここだけの話なんやけどぉ(←なぜか関西弁のタメ口に変わった)、会社の人に資料配らないと、私怒られちゃうんやんか。だからもらってくれるだけでいいんよぉ (´・ω・`)」

そりゃ、営業なんだから手ぶらで帰ったら怒られるに決まっているだろう。というか、関西弁だと親しみやすいというマニュアルでもあるのか…。

 

「別にね、もう読まずに捨ててもらっても全然構わないんよ。だからお願い (・ω・`人)」

 

じゃあ、そこら辺に捨てといて「渡してきました」って言えばいいだろ!! と思いつつも口には出さず「忙しいんで」と言って逃げようとすると、今度は・・・

  

「ところで、貯金とかしてる? ( ・∀・)」

と話題を変えてきた。

  

「積立年金ってしってるかな?これね、今のうちから入っているとすっごいお得なんやんか!でね・・・」

と金融商品のお話が始まった。流石である、いつの間にか、金融商品の説明が始まっていたのだ。

 

 

保険に入るつもりは全くないのだが、冷たく断られても、営業の話を絶えず続ける彼女の、そのハートの強さを、僕は見習いたい。

 

ちなみに、その積立年金という個人年金は、同じ部署の先輩が勧誘の末に入らされており、毎月2万5千円積立が必要で、さらに10年内に解約すると罰金が発生するという、なかなかの代物であった…。 

 

超一流の保険営業術   1年目の生保マンが年収1200万円プレーヤー(MDRT)になる方法

超一流の保険営業術 1年目の生保マンが年収1200万円プレーヤー(MDRT)になる方法