負け犬サラリーマンの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負け犬サラリーマンの日記

中小企業で働くサラリーマンの日記

ベンチャー企業の役員は大変

日記

何年も同じ会社でサラリーマンをやっていると、汚い会社と狭い自宅部屋を往復するだけの毎日に、きっと自分が世界で一番不幸な社会人なのだ、と残業中に思ったりする。勤務先が小さな会社なので、給料も少なく、はぁ…と、ため息の多い毎日なのだが、最近自分よりももっともっときつい条件で働いている人間を身近に発見した。

それは、親父だ。

 

親父は、地方にある旧帝大を卒業後、メガバンクに勤めていたのが、色々あって数年前から新興市場上場のサービス業の会社で役員として働いている。(それも複数社の役員を兼務)

 

ベンチャー企業の役員、新興市場上場企業の役員、と聞けば何となくカッコいいイメージがあるが、その仕事はかなりハードだ。

 

まず、休日が月に約2日しかない。僕は週休2日でも少ないと思っているのに、月に2日である。兼務している子会社では、担当部署に役員の自分以外は社員がおらず、業務フローを全部自分でこなす必要があり、とにかく自分でしなければならない細かいことが多いらしい。

 

よって、毎日の帰宅時間も12時を越えることがほとんど(毎日終電)。出張も多く、はっきり言って無茶苦茶しんどいであろう。年収は1000万円を超えるらしいが、いくら1000万円もらえても、僕ならきっと辞めている。

 

先日、週110時間、平日18時間働いていたという藤田晋社長の伝説というエントリーを書いたが、ベンチャー企業の創業メンバーでもない人間が、創業者並に酷使されるのが、ベンチャーの辛いところではないだろうか。

 

naruoe.hatenablog.com

  

たまの休日に、カブトムシのさなぎのような恰好になって布団で寝ている親父を見ると、ノリと勢いで経営しているようなベンチャー企業で働けるのは、20代~30代の若いうちだけだだと実感する。