負け犬サラリーマンの日記

負け犬サラリーマンの日記

中小企業で働くサラリーマンの日記

本当にチャンスのない人生だったのだろうか

最近、これまでの自分の人生を振り返っては「俺って人生でチャンスとか運がないよな」「ツイている奴はいいよな」などと思いふけることが多い。

昨晩も寝る前に布団の中で同じように昔のことを思い出しては後悔していたのだけれど、その時にふと気づいた。よく考えてみれば、仕事でも出会いでも勉強でも、全てにおいて人生の節目ごとにチャンスはあった、ということに。

 

それらを全てダメにしてきたのは他の誰でもない僕自身だ。
 
その場での選択が間違っていたとか、確率的な運が悪かったなどではなく、単純にその場で頑張れなかった、もしくは頑張ろうにも積み上げたものがなかったというだけ。
つまり、責任は「過去」の自分にあるということ。
 
これからも「チャンス」には恵まれると思う。ただ、それをつかめるかどうかは「今」にかかっている。当たり前のことだけれど、過去を見ていても何にもならないですよね。
 
もはや苦行の域に達しているTOEICも、これも一つのチャンスだ。だから、もっと「今」を頑張ろうと思った。
 
起死回生はなくとも リアルは甘くなくとも
そこはかとないチャンスは あんじゃん? くんじゃん?
呑気にアクビをして 見過ごしたら堪らないよ
ギラついた目で睨んで さぁ レディーゲットセットゴー!!

 ソコハカトナク( SURFACE)

  
Last Attraction

Last Attraction