負け犬サラリーマンの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負け犬サラリーマンの日記

中小企業で働くサラリーマンの日記

はてなブロガー同士の相互交流

日記

昨日のエントリーで、月初に「はてなブログ」で行われる謎の傾向(PVと収益報告)について言及してみたのですが、その際、該当するブログのリンクを張ったところ、各々のブログ主から☆とかブクマとかコメントとかを頂き、普段は全く注目されていないブログなだけに、少し怖くなった次第です

 

この「はてなブログ」の機能には、同じブログサービス内にブログのリンクが張られると、通知される仕組みになっているということを本気で知らず、意図せずブログ執筆者同士での交流を行ってしまいました。 

 

 

中には、「削除してくれ」という依頼もあり、確かにあまり好意的に書いたエントリーではなかったため、素直に削除しましたが、今後は色々な意味で書く内容には気を付けなければいかんなと感じました。

 

と同時に、はてなブロガー同士の相互交流というのが、こういう形で行われるのかと。つまり・・・

 

 

  • 何らかの好意的な内容で別のブロガーの記事をブログ内で取り上げる

 

 ↓

 

  • そのブロガーには自分の記事が取り上げられたと通知が行く

 

 ↓

 

  • そのブロガーはその記事にブクマして御礼等のメッセージを伝える

 

 ↓

 

  • ブクマが増えればリンクされている自分の記事へのアクセス数も増えて、win-winの関係になる

 

 

 

こんな感じではないでしょうか。

 

意図せぬ交流でしたが、非常に勉強になりました。今後、自分のエントリーが言及されたとき、どう対応すれば良いのか、ということまで学ぶことができました。

 

とはいえ、(前述の各ブログのアクセス数や収益が事実であったとして)月にブログ収益が14円しかない僕からすると、炎上マーケティングであれ、互助会であれ、月に何万円、何十万円もの広告料を稼いでしまいう各ブロガーは、類稀なる文才とマーケティング力の持ち主だということは間違いないでしょう。(ちなみに私は、広告の掲載されているブログがかっこよく見えたので、広告を掲載しています)

 

専業でブロガーをやっていないのでければ、月10万円、いや2万円の収益でもかなり大きいはず。

 

自分も昔からブログを書いているブロガーの端くれとして、月1万円程度の副収入を目指して「いっちょやってみっか」と思ったりもしますが、月収益14円という現実を見るに、今から1000倍近い努力をする気力もなく、ブログ飯ができるのは、かなり限られた才能を持った人だけに許されたボーナスのようです。