負け犬サラリーマンの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負け犬サラリーマンの日記

中小企業で働くサラリーマンの日記

僕には理解しがたい結婚

日記

会社の先輩から連絡があった。今度結婚するらしい。先輩の年齢は既に30半ばだし、結婚自体は特に驚くようなことではなかった。ただ、その相手の女性の名前を聞いた時、度肝を抜かれた。

その女性の年齢は30代後半、同じ会社、つまり社内恋愛だ。ここまでは、まぁいい。

 

 

体型からの推定体重…3桁kg!!!

 

 

通称、超〇ブというやつだ。更に控えめに言っても性格が悪い。

 

僕も同じ会社の人間なので、その女性のことは知っていたのだが、ある程度痩せない限り(もしくは金でも積まない限り)結婚は無理だろうと思っていた。しかし、結婚する相手ができたと。そして、その相手は僕の会社の先輩だった。

その先輩には絶対に聞けないことなのだが、一体何がよくて、リトル小錦のような女性と結婚するのだろうか…?ちなみに先輩の方は標準体型をしている。

二万歩譲って、恋人としてお付き合いするのであれば、まだあり得るかもしれない。僕には無理だが、人によっては金目当てとか…ってちょっと言い過ぎだな。しかし、結婚というのは、その女性を養うという意味もあるし、生涯のパートナー。結婚てのは重いんだよ!更に子供も…あぁ、考えただけで気持ち悪い。

 

確かに人間外見だけではない。僕自身、女性の外見に騙されたことは、この短い人生の中で数えきれないくらい何度も何度もあった。が、しかし、外見もある程度大事だ。横綱でも目指していない限り、普通に生活していれば、体重が100キロを超えることはない。絶対ない。生活習慣等に何らかの問題ありと考えて間違いないだろう。

そもそも、この広い世の中、わざわざ選ばれない方のマイノリティ(しかも年上)を生涯のパートナーとして選択することに何のメリットがあるのか。僕には全く理解できない。

一応考えられる原因としては

 

1.弱みを握られている(人を殺して埋めたところを目撃されたとか)
2.デブ専(テレビで見たのだが、他人の食事を見るのが好きな人種がいるらしい)
3.人間「顔」でも「体型」でもない、性格が大事

 

まぁ、おそらく3番なのだろうが、いくらなんでも限度ってもんがあるだろう、と思ってしまう僕は、まだまだ未熟者だということか。ただ、個人的なその女性への印象は「性格の悪いデブ」だったので、先輩には良い人を演じていたのだろうか。まぁ、こんなクソみたいな考え方しかできない男は結婚なんて2度と無理かもしれないな。

そういえば、世の中には同性愛者も存在する。所詮僕のような器の小さな人間には死ぬまで理解できないことなのだろう。

先輩の結婚を聞かされたその場で叫びたかった(実際に叫んだら殴られる)ことを書いた。会社では、普通に「おめでとうございます」と言おう。